原語で味わう詩篇

tastehebr.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 26日

詩25篇(1) 「教える」

יָרָה  ヤーラー

・8節「主は、いつくしみ深く、正しくあられる。それゆえ、罪人に道を教えられる。」
・12節「主を恐れる人は、だれか。主はその人に選ぶべき道を教えられる。」

Keyword; 「教える、示す」teach, instruct, 25:8, 12/27:11/32:8/45:4/86:11/119:33, 102

◆「教えられる」と訳されたヤーラーיָרָה(yarah)の本来の意味は大きく三つあります。ひとつは、「投げる」「投げ込む」「(矢を)射る」という意味、次に「雨(初めの雨)を降らせる」、そして「教える」「指示する」「方向付ける」「示す」という意味があります。旧約では46回、詩篇は8回です。

◆ヤーラーיָרָה(yarah)から派生したことば(名詞)として次のようなものがあります。
①ヨーレーיוֹרֶה(yoreh)・・10月の終わり頃から12月の初め頃に降る「初めの雨」。
②モーレーמוֹרֶה(moreh)・ 教師 teacher.
③トーラーתּוֹרָה(torah)・・律法 law

◆詩25篇8, 12節では、教える内容がいずれも「道」デレクדֶרֶך(derek)で単数です。ここで意味する「道」とは、主がなされた救いのみわざとその理解、また、主と神の民とのあるべきかかわりを示すすべての領域における事柄(トーラー)を含んでいます。主なる神はそれをモーセに教え(啓示)、モーセは民たちに教えました。また、祭司や預言者、やがては律法の教師たち、および、家長たちにとっても「教え、導く」ことはきわめて重要な職務でした。神の民にとって「主の道」を学ぶことは、自分たちのアイデンティティをもって生きるために必要不可欠なものでした。それゆえ、神の民はいつでも教えられやすい従順な心が求められました。

◆日本でも「○○道」という生き方につながる精神修養の道があります。スポーツの領域では剣道、柔道、武道、弓道、かかわりの世界では茶道、華道、香道、書道・・など。それぞれの道をきわめるには、師範の教えを受け、学ぶという多くの時間と修練を要しました。このことは、神の民イスラエルが聖なる民としての「道」を歩むためにも同様でした。

◆詩25篇8, 12節には、罪人に対しても、主を恐れる者に対しても、主がそのいつくしみのゆえに「道」を教えられると述べられています。イザヤ書30章にはやがて終りの日に、神自ら最高の教師として姿を表わすことが預言されています。「・・あなたの教師はもう隠れることなく、あなたの目はあなたの教師を見続けよう。あなたが右に行くにも、左に行くにも、あなたの耳はうしろから『これが道だ。これに歩め』と言うことばを聞く」と(20~22節)。

◆事実、イエス・キリストがその最高の教師として遣わされました。イエスは言われました。「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはできません。」(14:6)と。イエスご自身が「道」ですが、その教えの源泉は御父であられたことも忘れてはならない事実です。
[PR]

by taste_hebrew | 2009-07-26 08:45 | 育成用語


<< 詩25篇(2) 「教える」      詩24篇 「入って来る」 >>